いつでも清潔にいることが大事!陰部の臭い対処法を伝授

考える人

臭いは放置しないことが大切

ワキガに悩む方もいますが、実は臭いに悩むほとんどの方が正常な範囲であることが分かっています。汗に雑菌が繁殖し発生する臭いですが、ワキガの臭いは、脂質などが含まれたアポクリン汗腺から分泌された汗が酸化や雑菌の繁殖によって起こるものです。体温などで温まれば臭いが沸き立つことも想像できるでしょう。臭いは放置せずに気になった時に都度、ケアをしていきましょう。そうすることで、臭いが気にならないワキを作ることができます。

レディ

ケアグッズを使用する

ワキだけではなく、陰部の臭いである「スソワキガ」に悩む方もみられます。こちらも病的なものではなくアポクリン汗腺から分泌された汗によるものです。ただし、陰部になるとすぐシャワーというわけにはいきませんよね。またデリケートゾーンにボディソープを使うと、しみてしまいます。ワキや陰部専用のケアグッズを使ってケアしていきましょう。シートタイプのリフレッシュナーなどを使えば、トイレの中で簡潔に臭いケアができますよ。

女性に多いデリケートな悩み

婦人

ワキが臭う!

実は、女性の多くが「ワキが臭う、自分はワキガなの?」と悩んでいます。自分の体臭が気になる場合がありますが、他人はあなたの体臭は気付きません。ワキガはアポクリン汗腺から分泌される臭いの成分がきつい、アポクリン汗腺からの汗の分泌量が多いという場合に診断されるものです。気になる臭いは常識の範囲内であり、普段のケア一つで臭いを軽減させることができますし、臭いが気にならない状態を作ることができます。病気などではないので、安心してくださいね。

オリモノが続く

いつも下着を汚してしまうほど、ベタつきが気になるという方がみられます。陰部には自浄作用があり、細菌感染から体を守るためにオリモノが分泌されることがあります。また、排卵期前後にはオリモノが増えます。心配する範囲ではありませんが、身体に付着したままだと不快ですし、雑菌繁殖の温床となりうることがありますので、ウェットティッシュなどで優しく拭き取りましょう。ただし、腹痛を伴ったり、茶色のオリモノが続いたりする場合には婦人科疾患の可能性がありますので注意が必要です。

生理中のムレやかゆみ

生理中は何かと不快な症状でイライラしてしまいます。ナプキンによるムレや肌が敏感になっていることからかゆみが強くなるというような症状に辟易する方も。中には、生理中の臭いがきついと悩んでいる方もいるようです。布ナプキンを使い始めて不快な症状が軽減できたという方もいますが、働いている方や疾患を持っている方が布ナプキンを使うことは得策ではありません。こまめにナプキンを取り換えることや、ゆったりとした下着や衣服を選択するなどで乗り切る方が大半です。

実はスソワキガなの…?

生理時以外の時も「陰部が臭う」と悩む方もいます。スソワキガという症状もありますが、これも気にする必要はありません。陰部にもアポクリン汗腺が存在しますので、少なからず臭いを発することがあります。下着の締め付けや、こすれ、ガードル等の補正下着やスキニーパンツによる締め付けからくるムレなどが原因であることが多いので、服装に気を使うことで臭いはかなり軽減することができます。夏場は特に気を付けていきましょう。

生理が重くて辛い

だらだらと生理が続くという方もみられます。婦人科疾患が隠れている場合がありますので見過ごすことはできない症状です。生理が重い(経血が多い)、7日以上出血が続くといった場合は、婦人科を受診することをおすすめします。単純に「生理を短縮したい」などという場合には、使い捨てビデを使うことも一案です。ただし何度も使いすぎることで、陰部の自浄作用がなくなり、かゆみ等の女性の悩みを助長してしまう結果につながってしまうので使いすぎには注意しましょう。

広告募集中